株式会社 江北ゴム製作所

 

 

 

 

企業沿革

昭和376

足立区西新井本町に(現相談役)金丸茂之により個人創業

昭和401

西独「スターグルバ社」製の自然加硫接着剤を
コンベヤベルトのエンドレス接着工法に採用

昭和456

足立区堀ノ内に事務所・工場を新設。 「ジョインタイト」開発

昭和4710

西独の前記会社に従業員を派遣し各種接着工法習得

昭和4910

本社第二工場を新設しプーリ・ロールなどのラギング
施工やタンク類のゴムライニング加工開始

昭和566

富士工場(富士吉田市の誘致工場)を建設し主として
工業用型ゴムの生産開始

昭和623

富士工場に第二工場新設、ボイラー・加硫缶設置、ポリウレタンコーティング増強 
また練習用野球ボール製造等開始

平成24

富士第二工場3階棟増設、 ゴルフショットマット増産等に対応

平成38

菅原孝夫 代表取締役に就任

平成45

(社)東京都信金協会より技術革新・製品開発部門で
優秀賞の表彰を受ける

平成82

ダイヤモンド社発行『「変化に挑む」ストロングスモールカンパニー』(東京の強小企業100社)に掲載紹介される

平成109

2,200×2,2001,500トン圧縮大型成形機を富士工場に設置

平成1110

安全・優しさをテーマに特注・小ロット対応のウレタンフォーム成形品作りを始める

平成1211

女性による型成形作業体勢導入

平成135

日本水道協会より東京工場が検査認定工場として登録される

平成138

富士工場で女性だけの成形作業棟による作業開始

平成1411

富士第3工場新設 長尺プレス集約などを図る

平成153

本社第1工場にゴム研磨内製充実に向け、NC旋盤増設

平成1512

富士工場ISO90012000取得する

平成165

東京第2工場隣接地取得し、3階建工場建設
東京第一工場一部作業を移管し、効率アップとサービス向上を目指す
又、3階に本社機能移す

平成1610

金型製作も出来、真空プレス等有する「さいたま工場」稼動

平成182

中国 上海市に提携工場を設置

平成194

東京第一工場の改造工事を実施

平成195

東京都より新事業活動促進法に基づく「経営革新計画」の承認を受ける

平成197

中東ドバイの地下鉄プロジェクトに、ベルト加工の技術指導を行う

平成198

東京工場に長尺旋盤(φ600×3,700=芯間)を設置

平成204

ISO90012000を、本社・東京工場で拡大取得する

平成208

富士工場に真空成型機200トンなど増設する

平成209

中国より研修生を受け入れる

平成2011

ウレタンフォーム製品の量産物対応強化のため協力工場(合併会社)を設立する

平成215

東京第一工場を作業環境を考慮しロール・カレンダー作業 配置変更工事実施

平成2112

ISO9001:2008 埼玉工場拡大取得する

平成236

900トン600トン圧縮成型機を富士工場に増設する

平成23610

創立50周年事業
・中国上海にて社員旅行を兼ね創立記念パーティーを実施する
・東京第3工場建設着工、高品質、短納期、試作スピード対応のより一層の充実を目指す

平成247

・東京第三工場に250トン真空成型機2台及び16インチロール新規設置する

平成2412

さいたま工場の機械設備を富士工場及び東京工場に集約する

(仕上げ検査他部門はさいたま事業所として残す)

平成253・7・11

中国昆山市および上海市で開催の展示商談会出展

平成258

関連会社、上海喜代蔵貿易有限公司設立

平成259

中国江蘇省昆山市の賽格電子市場に出店入居する

平成262

上海野村化成橡塑制品有限公司(上海市閔行区)に資本参加。
250トン真空成型機など新規設置し、中国市場確保目指す。

平成266

東京工場に大型ブラスト棟設営、カレンダー更新・設置する。

平成277

東京工場に女性用休憩室・ミーティングルーム新設。女性の活躍環境整備する。

平成28年3月

上海工場を上海市奉賢区にて本格稼動。
16”オープンロール・真空成型機150トン他、新規増設する。

平成28年6月

東京第3工場に250トン真空成型機2台、
富士工場に150トン真空成型機2台を新規設置する。

平成28年9月

菅原健太 代表取締役社長に就任。



経営理念

   一、社会に役立つ会社であること

   二、創意工夫で、常に新しい価値を創り出す会社であること

   三、どんな環境でもつぶれない会社であること

   四、一生懸命が楽しく、各人の能力を高め、発揮できる会社であること
    
(すべての人を真に活かすことを心掛け、働き易い環境を作り、意欲を高める仕組み作りに努めます)

   五、全従業員が豊かになること
    (よい環境で働ける・夢を持って働ける・生活向上できる・人格向上する)



行動基準

   1. 正しいかどうか?<世の為、人の為、そして自分の為になるか>

   2. 誠実かどうか?

   3. みんなに公平か?

   4. 停止ではなく、発展・向上へ向いているか?

   5. コミュニケーションを深め、助け合い、力を結集できるか?

 


ご挨拶


弊社は創業当初、西独「スターグルバ社」製「自然加硫接着剤」の技術を導入し、コンベヤベルトのエンドレス接着加工に先鞭をつけました。 その後、弊社独自の技法によって、プーリ・ロールなどのラギング施工、タンク類のゴムライニング、各種工業用特殊ゴム製品加工を始め、医療機用ゴムやスポーツ関連製品、施設関連、遊戯施設・機械関連など、幅広い分野に積極的に取り組んできました。

長年に渡り”少量多品種生産”をモットーに多くの分野の幅広い加工、製品づくりをしてきましたが、一方において射出成形機などによる中ないし大量生産品も手がけ、またグローバル経済に対応してお客様のご要望に幅広く対応できるように中国(上海)などの企業と信頼できる連携を追及しております。

お客様のご要望に対し誠心誠意努力しお応えするだけでなく、「お役に立てる製品、また加工法を提案するスピーディーな企業」を信条とし、新製品の開発、各種ゴムの新処理法・新加工法を探求し、品質・サービス向上に努める決意であります。

何卒一層のご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

あなたの新しいアイデアを募集します!

色々な製品開発、販売ルート開拓、またまったく新しい発想でのビジネスの
提案などを歓迎致します。お気軽にご連絡下さい!私(菅原)が歓迎・対応
させていただきます。

 

代表取締役社長 菅原孝夫



お気軽にご意見ご要望をお寄せ下さい!
    
 info@kouhoku.co.jp

   

Copyright(C) 2000 Kou

株式会社 江北ゴム製作所
http://www.kouhoku.co.jp
東京都足立区堀の内1-13-34
FAX 03-3897-7366
info@kouhoku.co.jp


Copyright(C) 2000-2001 Kouhoku Rubber Co., Ltd.
All rights reserved
.

 

まかせて安心 働く者の応援団 一人で悩んでないでご相談くださいヤマ